窓掃除は大掃除の醍醐味

mado_souji
年に一度の大掃除。日頃からある程度は掃除をしているとはいえ、普段手をつけない部分にも手をつけるので大変ですよね。もっと隅々まで小まめに掃除しておけばこんなに大変じゃないのにな、と思ったりもしますが、その分綺麗になった時の爽快感や達成感は格別です。
その達成感や爽快感を一番得られるのは、やはり窓掃除ではないでしょうか。窓が家にあればあるほど大変ではありますが、綺麗になった後は家全体が明るく見えますし、辛さよりも綺麗になっていく楽しさのほうが大きいです。そう考えると、窓掃除は大掃除の醍醐味かな、とも思いますね。

窓ガラスの修理

窓は、元々が透明に近いですから、多少の汚れがついていても気付きにくい物です。もちろん近付いてよく見ればわかるんですが、窓を至近距離で凝視するなんてことはなく、基本的に外の風景を見るでしょう。そうなると焦点が窓の外に合うので、窓自体の汚れには気付かないんですよね。そしていざ大掃除で窓をよく見ると、かなり汚れているという状態。こんなに汚れていたのかと、毎回驚きますよ。

金剛産業株式会社 – シャッター

ただ、その汚れが落ちていく感覚はなんとも言えない気持ちよさがあります。それはきっと、窓が透明だからでしょう。透明なものの汚れが落ちると、その向こう側が輝いて見えるようになります。日差しの差し込み方も変わってきますし、綺麗になっていく爽快感がたまらないのです。
そう考えると、もっと普段から窓掃除しておけばいいのにとも思うのですが、この一気に汚れが落ちていく感覚が非常に気持ちいいので、大掃除の時にまとめてやりたい…という気持ちも(笑)

ペアガラスサッシ: 住宅設備のウソ・ホント

綺麗な窓は心も洗ってくれる気がするので、できるだけ普段から綺麗にしておくのがいいのはもちろんなんですが、大掃除の楽しみのひとつになってしまっているというのも事実なんですよね。